POETRY OF NATURE

  • 2016.06.05 Sunday
  • 13:57










今日は新月

6月17日から始まるS/S/A/Wでの
展示まで気がつくともう2週間。

朝からバタバタと頭のなかを
整理するかのように仕事場を片付け。
縫いかけの衣、染途中の布を展示初日に
ずらりと作品が並んだ様子をイメージしながら
これは仕上げて、これは後に回そう。
あの色の衣は一枚入れたらバランスがいいなあ。というふうに
全体が見えるところに意識を一歩引いて調整していました。

kittaの展示は初日の最初に作品が並んだ時を
ひとまず完成として制作しています。
ある意味、一枚の大きな絵が展示会に並び、
衣や布という形の絵の欠片(ピース)が
買ってくださった方の元に旅立ち、
その方の生活や風景とともに
あたらしい絵を描いていくと考えています。

そしてもう一つ、
kittaの衣は作り始めた当初から、
自然と人間の共鳴ということがテーマとしてあります。

空や、海や、森や、四季折々の植物の色、風景の中に
私たちの衣をまとった人が在るとき、人と自然に境目なく
一つのものとして溶けてしまうような衣が作りたい。

そんな思いを(私は何の説明もしなかったのに)
展示会場であるS/S/A/Wのアートディレクターでもある
前田 景くんが今回のDMに思いがけない形で現してくれました。

数年ぶりの東京での展示は
S/S/A/Wのよしこちゃんの美味しすぎるお料理に加え、
篠山からはまるふくの文子のお菓子、
沖縄からは水円のかおるちゃんがパンを持ってきてくれます。
初日は最近数年ぶりに再会した青果ミコト屋の鉄平が
美味しい野菜を販売してくれます。

私も3日間在廊します(18日のみ、16時頃までの在廊ですが
お店は営業しています)ので、ぜひ遊びに来てください。

初日の17日はささやかながらOpening Partyを
開きますのでどうぞご参加ください。






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

instagram

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM