旅のおわりに

  • 2015.09.01 Tuesday
  • 11:52




3週間のオーストラリアの旅は、沢山人の優しさと
私たちの生きるこの星のうつくしさが
たくさんちりばめられていました。

パースの空気はどこまでもクリアで、
光の粒子がとても細かく降り注ぎ、様々なものが輝いて

それは旅特有の魔法なのかもしれないけれど
日本に着陸した今もその魔法の余韻を
忘れないように、忘れないようにと反芻しています。


私たちがいつも自然から受け取っている喜びを
言葉をこえて伝えられた喜び。

全ては自然の中にある。という確信のもとに
地球の色をちりばめたような布を作り続ける
グランドマザー、Trudiとの出会い。



写真はパースを海沿いに北にあがって行った砂漠にある、

ピナクルズという奇岩群。
この写真は次女の13歳の記念写真。
困ったほどに、自分に対して正直で
内なる情熱に突き動かされ、葛藤しながらも夢を見る
彼女の今にぴったりだとおもう。
その未知ながらも確信に満ちた足取りに
私たちも進み続けようと背中を押されます。




初めての英語主体でのWSはテキスト作りをサポートしてくれた
Simon改めDyemon、Hitomiさん、Chieさんのおかげでなんとか乗り切ることが出来ました。
それぞれお忙しい中で多大なるサポートを頂き、感謝致します。

古い教会のようなすてきな建物での展示も夢のようでした。

poteau select /あきちゃん、ネーサン、naomiちゃん、本当にありがとう。

不思議なご縁で今回ご一緒させてもらった
色とリズムのヨーコさんの
安定した存在感にもすっかり甘えて、夜中まで作業に没頭させていただいた。
ね、ヨーコさん、3週間前に関空で初めましてと挨拶したときに
こんなにいろんなことを共有できると誰が思ったでしょう。

言葉で思っていることを伝えられないもどかしさを
映像という形でサポートしてくれた
小川櫻時氏、ありがとうございます。

そして、今回私たちに大きなチャンスを与えてくれた
kikiと
toro e toro/Chiaki Zushi
最大の感謝を!


















 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

instagram

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM