戻りました

  • 2013.05.03 Friday
  • 21:48
 
九州10日間の旅から戻りました。

ぎりぎりまで納品と次の水円の個展の準備で
寝てないモードだったので
とにかく、よく食べ、よく寝て、よく遊ばせていただきました。

出かける直前まで縫っていた
るんたの庭のカーテン。


私たちが千葉に住んでいた時から
家族でセルフビルドで
つくってきたお家がついに完成。
米山家のみなさま。本当におめでとう!



朝早く出発して
沖縄からは船で丸一日。
沖永良部島や、奄美大島など
島々を渡ってはるばる鹿児島まで。

はじめて鹿児島から沖縄に船で渡った時は
なんて遠くまで来たのだろう。と
海の果てまでやって来たような気分になったものです。

鹿児島に着き、
ず〜〜っと行ってみたかった


しょうぶ学園ではさざなみの森
なおちゃんの計らいで(感謝!)
工房の見学をし、園長の福森さんとも
お話しさせて頂きました。

想像以上に創造的な空間。
そこは愛とユーモアがあふれていました。

障害のある人たちの施設に
私たちが足を踏み入れる事は無いに等しく、
日常的に門を開いてくれている施設も
ほとんどないです。

しょうぶ学園には
パン屋さんとおそば屋さん、手打ちパスタの食べられるカフェ、
施設利用者の方の作品の展示されるギャラリーとSHOPがあり、
気軽に近所の方が訪問出来ます。

そこには障害のある人たちの
くらしと制作の場があるのですが、
みんなの様子を眺めているうちに
障害、とか健常、とかいうことの意味が
気持ちいい程に、ぐらぐらと逆転してきます。

健常者と呼ばれる人と障害者と呼ばれる人が
意図的に接点を持たないようにされた
仕組み自体に疑問がわきます。

そして、なんだか分からないうちに
いろんな部分が解放されていく自分を感じて、
「あ、わたし、病んでたかも。」
と気付きます。

完成を意図せず、
その一瞬のパッションで
手を動かし続ける姿と作品に
もの作りの原点を感じます。

とにかく楽しい所なので、
機会があったら皆さんも是非。

しょうぶ学園のヌイ・プロジェクトの
作品がアボリジニやこどもたちの美術とともに
紹介されています。
5月6日まで。


その後市木で愛するLOVE&RICE familyと再会。
阿蘇では押戸石の丘へ。

そして、今回の旅の目的地
耶馬渓のcagoへ。
アン・サリーライブと
マリオのお話会で
本当に久しぶりの出展。
個展形式が多くなっていたので
すっかり勘が鈍っていたけれど
やっぱり楽しかった。

マリオのお話を長女が真剣に聞いて
おもしろかった!と話してくれたのが印象的。

私も初めて聞いたマリオのトーク、
彼が語るからこそより伝わる
これからの地球に生きる人のためのお話。
とってもよかった。

次の日は今回の旅の友、きこちゃんの案内で
福岡の村上レシピへ。

村上さんの世界が隅々まで染み渡った
シンンプルだけど、くすりとなる愛らしい空間。
私たちの滞在時間中に
庭の日本ミツバチの巣箱に
蜂の大群が入居。
とても珍しいタイミングにお邪魔したものです。
おいしいおやつとコーヒー、
本当にありがとうございました。

蜂が何の前兆なのかは引き続き
頭の中にインプットしつつ、
旅も終盤に近づき
国東方面へ。

cagoの香内君が是非に、と
連れて行ってくれたのが

日頃、友人が急に
「友達が行ってみたいって言ってるんだけど今から行ってもいい?」
って連絡してくると、「う〜〜〜〜ン」と渋りがちな私。
そんな自分を反省してしまう程に
急だったのに立ち寄らせて頂けて
本当によかった。

うつくしくって、あたたかな
家族の時間が積み重なった空間。

同じ場所で時を重ねる事の素晴らしさを
肌で感じるところでした。

次は必ず、音楽を聴きに参ります。


この辺りになると、もうすっかり
カメラの存在を忘れるわたしたち。
写真に収めたのは
阿蘇辺りまで。

その後立ち寄らせてもらった
マリオのおうちも
本当に素敵な所だったし、
今回の九州の旅では、
みんなの「暮らし」を感じた。

一日一日をその場所で
重ねることで
うまれて行く
それぞれの匂いと
雰囲気。
時を重ねる事でしか、
うまれない、
うつくしさ、
いとおしさ。

千葉を離れる時に、
私たちが手放したものと
手放す事で新たに出会った感覚を思う。

沖縄に戻る前から
次の旅の予定が決まっていたりで
今はこの暮らしがなんだかよい加減だな。と思う反面、
又どこかにじっくりと根を張りたいな、
と思う自分もうまれてきたのがおもしろい。

さあ、次は水円での展示。
オーダーの分も含めて、
制作の日々に戻ります!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今回の旅、お世話になった方々。
西郡家、カンマ家、宮内家、香内家、奥永家
さざなみのなおちゃん、すーちゃん、マリオ、サヨコちゃん、アリワ

ありがと〜〜




































一段落

  • 2013.03.28 Thursday
  • 20:10
 

新しい地球暦が届いて、
また新しいヒトメグリのはじまり。
今年版、とってもシンプルで素敵です。


地球暦のはじまりでもある
春分を過ぎて一段落。

秋から始まった3家族での
共同生活も今月で一旦終了。
それぞれ近所の新しい場所に暮らし始めます。

大人6人、子供9人、犬2匹、猫一匹。
ほとんど毎日のようにご飯を共にし、
子供達は朝から晩まで皆で遊びつづけました。

同居人の一人がここに越してすぐに
この家のことを「大宜味アートステーション」という
ちょっと恥ずかしくなるような呼び名で呼びはじめました。
しかしその名の通り、ここにはほんとうに
沢山の人が立ち寄って行くのです。

通りがかって立ち寄る友人たちだけでなく、
この間のわらべうたの会のときは
子供30人、おとな20人以上が
この家の中に居ました。

昨日はいつもの家族たちがやってきて、
私が染め物をしている間に
子供達はごっこ遊びや自転車の練習。
屋根を補修してくれている大人のお手伝いのセメント運び。
大人たちは色んな話に花を咲かせつつも
染め物の手伝いや、ご飯つくりなどなど
それぞれが気がついた事をやってくれるので、
お客さんがいっぱい来て疲れた〜〜というのはないのです。

昨日の夕飯は
大人12名、子供12名

家族のような、仲間たち。

来月からこの家は
私たち家族だけで住む事になるけれど、
こんな風に、一緒に暮らすように
集いつづけるんだろうな。と思っています。












本日の仕込み

  • 2013.03.17 Sunday
  • 21:11

今日は夫と娘たちは山に藍を植えに

私は常備菜と保存食づくり

フェンネルペースト、トマトソース、煮豆、
キムチ2種、三五八漬、ピクルス2種、パン種、麻炭入りスコーン

ああ、仕込みは楽し

 

きょう

  • 2013.03.07 Thursday
  • 17:34
 今日は一日よいお天気。

春から夏のものの
仕込み用に布の振り分け。



sawaは昨日夜なべして試作した野良着を
日一日温かくなって行く気候とともに
発酵しはじめた琉球藍で
染めてみた。



こんなゆっくりした一日でも
いろんな思いがあるものだ。


今日のトピックは教育のこと。

ホームスクーリングをすることは
親にも子にも覚悟がいる。
そしていろんな学びがある。

何にしても、
家族が一つになって
うまれるちから。

積み重ねて
いこう。



追記

今日からchahat逗子の「大沖縄展
central&north part of OKINAWA始まりました。
kittaも出品させて頂いていますが
高江の森岡農園の野菜や
八重岳ベーカリーのパンも買えるそうです!
Roguiiのランチも食べられるそうな。
それ以外にも盛りだくさん〜


みなさまお出かけ下さい。






お仕事と夕ごはん

  • 2013.03.06 Wednesday
  • 18:03
 
ブログのタイトルの所に「日々の徒然」とあるのに、
ほとんど普段の暮らしのことを書いていないなあ。と反省。

そんなわけで。


今日のお仕事


ワンピースの胸のパッチワーク、3日目にして完成。
何回も作っている光のモチーフのパッチワークだけど
今回改めて線をひき直したので新鮮な気分。
光の感じが前よりも出て、
シンプルにすっきりしたかな。


そして
今日の夕ごはん



この間作った甘酒ベースの
かぶの三五八漬け


もやしとにんじんのナムル


島豆腐とトマトのカプレーゼ風


野菜の揚げ浸し


黒米入りごはん


いつもこんなにごちそうなわけじゃないよ〜


ごちそうさまでした〜

selected entries

categories

recent comment

profile

instagram

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM